スポンサーリンク

上記の広告は、30日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by だてBLOG運営事務局 at

2009年08月03日

北京旅行

行く前からなんだかんだありましたが、同居人Dは前の晩東京に泊まり、朝、そこから仙台空港に来ることで最終的なスケジュールが決まりました。すまん・・・

彼を新幹線train_a01ホームまで迎えに行き、そこから電車train_j01で空港に。

電車で空港まで行くのは、旅ウサにとって初めてのこと。

たまたま快速だったので、あっという間に着いてしまったのがちょっと残念でした。

空港で旅ウサ・パパに同居人Dの余計な荷物をもって帰ってもらい(その為だけに呼んだのではない。念のため)、搭乗手続きに。

その後、同居人Dが「旅行保険」と騒ぎ出した。

「大丈夫よぉ」と言う旅ウサに、「君は僕たちが今から行く所がどこか分かっているのか?」と、凄い剣幕の同居人D。

「北京だよ!中国だよ!何しでかすか分かんない人たちの住んでいる所(ビザ取得で行った領事館で懲りたらしい)だよ!危険じゃないか!」

・・・お前が言うなよって感じ。

何がなんでもという勢いに押され、保険に入り、いざ出発!


1日目は、移動日。

仙台から長春へ。

ここで乗り換え4時間待ちなのですが、入国時にハプニング。

中国の国際空港では、H1N1ウィルスの水際対策をしていたのですが、旅ウサ、見事に引っかかりました。face18

飛行機が到着し、TVで見たのと同じ格好をした防護服を着た人が機内に入ってきて、無言で額に押し付けるへんな機械。

これはクリアしたのですが、その後、検疫を待っている時のサーモなんちゃら(名前、忘れました・・・)で見事当たり!face07

何の説明も無いまま、腕をとられ別室へ・・・。

怖かったよ・・・。

何を聞いても答えてくれないんだもん・・・。

旅ウサは中国語が出来ないし、検疫官は英語出来ないし。

2回ほど体温計をわきの下ではかり、37度以下が証明された後、無事開放。

しかーし、その緊張のせいか、カスタムを超えた所で今度は足がつった!

まったくもう!ついていません・・・。

遅れながらも現地ガイドと落ち合い、再度チェックインを済ませ、空港の中を見て回りたかった旅ウサ。

同じツアー客の人たちが、次々とゲートをくぐるので、搭乗時間までに入ればいいんですよね?と聞いた旅ウサに、なぜか答えたのは旅ウサたちの現地ガイド仲間(?)の人。

「中の方が安全なので中で待っていてください。」

これを同居人Dに通訳すると、すぐにでも入ろうとする彼に、「中に入っても、きっとなんにも無いよ。もう少し空港の中、見て回らない?」と言ってはみたが、「外は危険」というのがインプットされたみたいで、聞く耳持たず。

諦めて中で3時間半ほど待ちました。

やはり暇でしたが、悪い事ばかりではありません。

中の売店で買ったアイスicon12


イチゴテイストで美味し~い!icon06

同居人Dがいくらだったの?と聞くので計算してみたら、2こでCA$1しなかった!

それを聞いた彼は「安っ!もう1個食べよicon06」と買いに出掛けましたw。

そんなこんなで搭乗時間が来て、ようやく北京に旅立った旅ウサたちであった。  


Posted by 旅ウサギ at 13:30Comments(2)

2009年08月01日

北京旅行を決めた訳とその後

日本行きを決めた後、同居人Dが、「成田から仙台までただ帰るなんてもったいない。」と言い出しました。

その一言がきっかけで、成田からどっかに行けないかしら?と検索してみた所、格安ツアーを探し当てた旅ウサ。

グアム2泊3日、¥15000(だったかな?)
グアム3泊4日、¥19800(たしか)

いろいろ2人で考えましたが、日本に帰って、そのまま家にも行かず、また日本を出るのは、ちょっとよろしくないと言う結論になったのです。

でも、一度宮城まで帰ってくると、成田までまた出るのがお金も時間もかかる。

そこで、出発先を仙台空港に変えて検索したら、アジア方面のツアーを発見!

北京3泊4日、なんと!8食付!(←これがポイント) ¥29800

しかーし、同居人Dは、「今回の旅行、京都は絶対に外せない!」と言っているし・・・。

そこで考えたのが、「初めの1週間、彼一人で西日本方面を旅する。」と言うもの。

JRは外国人旅行者に対して「JRレールパス」というのを販売しています。

1週間、2週間、3週間、そしてグリーン車、or 指定席が選べ、JR全線train_a01乗り放題なのです。(のぞみを除く)

彼はこれを利用して、京都方面に行き、最後の日に仙台まで来る予定でした。

その後で、仙台発の北京ツアーに参加するのです。

D:「北京に出発するのは、いつ?」

旅ウサ:「9日から4日間」

D:「何曜日になるの?」

旅ウサ:「ん~、木曜日から・・・日曜日・・・?」

この時点で違和感を感じた旅ウサ。

この旅行って週末に掛かってたっけ?face13

すぐにチェックすれば良かったのだけど、しなかったのよ・・・face07

その後、何度も彼が旅行日を聞くのに対して切れた旅ウサ。

「9日だって言ってるでしょ!icon08

数日後、旅行会社よりメールでスケジュールが送られてきて、それを2人で見ていたところ、彼が、「出発日、6日になってるけど、9日のに申し込んだんだよね?」

よーく確認してみたら、旅ウサ、6日出発、帰国が9日のツアーに申し込んでいました・・・。ムンク

っていうか、9日出発のツアーは無かった・・・。どくろ

帰国日を出発日と勘違いしていたの・・・。

「僕、何度も何度も、確認したよね?icon08なんで間違うかなぁ・・・。 スケジュール、練り直し。ホテルもキャンセルしなきゃ。」

耳が痛ーい・・・。icon10

ひたすら謝って、どうにか許してもらいました。

旅ウサだったら、殺す勢いで責めただろうに・・・。

こんな心の広いDに感謝です。  


Posted by 旅ウサギ at 09:15Comments(0)